眠れぬ夜のひと時に送る戯言の数々。今宵はどこまで話そうか…?暇つぶしの読み物感覚でご覧あれ!
プロフィール

Ylang.Ylang

Author:Ylang.Ylang
Ylang.Ylang(イランイラン)です。
アラフィーな会社員です。一応、戸籍上の夫はおりますが子供はいません。ハンドルネームの由来は「イランイラン アロマ」で検索していただけると幸いです。(^^ゞ

このブログでは、主に恋愛(婚外恋愛)や夫婦関係の話、出会い系の話等々を取り扱っています。色んなご意見があるかと思いますが、嫌悪感をもよおす方や、モラル的に疑問を感じる方は、見なかったことにしていただけると、お互いに幸せかと存じます。(^_^;)

まあ、あまり真剣に受け取らず、「こんな考え・人もいるんだな。」とか、軽い読み物程度の暇潰しに読んで頂ければ幸いです。
よろしくよろしくです。

尚、メッセージは「こちら」からどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

ゆっくりと前に進む。

...2019/01/24 18:44...

実はここ7年ぐらい本当に運気が低迷している。
毎年毎年、何か大事件が起きて、右往左往することになるからだ。

始まりは…2012年の母の突然の死。
相続問題で大変な状態に陥り、生まれて初めて弁護士さんと契約した。よくある「遺産争い」ではなく、それ以上に大変な状況だった…と思う。(詳細は以前、下記に書いたので割愛です。)

■「相続編」
<1> http://ylangylang0110.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
<2> http://ylangylang0110.blog.fc2.com/blog-entry-7.html
<3> http://ylangylang0110.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
<4> http://ylangylang0110.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

さらに翌年は私の手術。
(絶対に前年のストレスからくる「悪化」に違いないと思う。)

手術自体は人生初ではないけども、人生初の腹腔鏡手術。命に関わらない病気だし、2ヶ月で完全回復を遂げたので、大した出来事ではないかもしれない。もちろんそれは「この先の波乱に比べたら」という意味である。(こちらも詳細は、以前、下記に書いたので割愛です。)

■「手術編」
<7> http://ylangylang0110.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
<8> http://ylangylang0110.blog.fc2.com/blog-entry-39.html
<9> http://ylangylang0110.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
さらに翌年の2014年から、私の仕事上において、どんどん陰りが差していく。
私が四半世紀にわたって勤めてきた会社の大きな収入源がなくなった。(このことが、アットホームなよい会社を短期間にブラック化させた大きな原因となる。)

2015年、さらに追い打ちをかけるように、私が長く担当してきた仕事も終了となり、会社はさらに打撃をうけた。そして、「テコ入れ」をして任命された社長は、まるで「ナチスドイツ国家」のヒトラーみたいな人物だった。「僕は貧乏神なんだって?」と本人(社長)が言うように、大きな収益を得ていた案件が次々と契約終了となっていく。

2016年、ヒトラーみたいな社長は本格的に本性を現しだす。
次々と収益が減っていく中で、「新体制」という名のリストラが始まり、四半世紀にわたってやり続けていた仕事を外された。全員が経営を目指すため、すべてに精通していないといけないとか、職務契約書がない時代の社員だったのをいいことに、バイトでもできるような仕事を強いられたのは嫌がらせ以外ナニモノでもない。

さらに頻繁に人事異動があり、皆が常に疲弊している状態。特に私がもといた部署の人間は瞬く間に辞めていった。そしてこの年の年末、私のモチベーションも氷点下にまで下がり、やっと転職を決意したのだった。

2017年半ば、四半世紀勤めた会社を退職。
が!!行った先はまるで北朝鮮のようだった。自国(生え抜き社員)でできないスキルを求めて、幅広く外国人労働者(中途採用)を求めていたのは表向きのこと。

しかも私が配属された部署は「ブラック中のブラック」。
私の生涯で、これほど酷使された9か月はない。

さらに2018年は過労死寸前まで働いて休職。
単に休息が取れないだけではなく、睡眠時間が確保できない(時に完徹)、食事休憩はおろか、ヘタしたらトイレにもいけない、数日に1回は地方出張、終電は当たり前、1週間に1回は深夜宅送…という激務をこなした結果…

めまい、頭痛、じんましんが起こり、時に動悸が止まらなくなった。
たまにマトモなものを食べるとお腹を下し、身体にたくさんの吹き出物ができ、肌も髪の毛もツメもボロボロになり、いつも顔色悪く、目は充血していて、まるでゾンビのようだった。さらにちょうどこの時期…喘息を発症し、咳が止まらず、一晩中寝られなかったこともある。

「大変危険な状態です。このままでは過労死するか、本格的うつになってしまいます。」と医師に言われ、やっと休職を決意できたのはこの年3月上旬。半年ほど休養して、やっと元通りになった。

しかし、北朝鮮を退職した今…転職先に左右されるリーマン生活に嫌気がさし、これからは好きに生きてやる!と決意した。(←今ここ。)


四柱推命的に言うと、今年から運が回復してくるらしいが…
2018年は、「下がってもいないが、上りもしていない。」というのが実感。もう下がりすぎたので、少々上がったぐらいでは実感できないのだろう。

いやあ、これだけ色々あることも珍しい。彼にも「話には聞いてたけど、こんなに色々あるなんて。」と驚いていた。(特に彼と付き合いだした頃に最大級の大事件が起きているし。)
だが、これから先の人生を入れても、今以上の困難ってないだろうなと思ったりもするが。
(まだ「離婚」という大イベントが残ってるけど。汗)

ともあれ今は、少し時間をもらっているので、じっくりと地に足つけて、次の準備をしている。
本当は「ゆっくりと前に進む」というのは、ものすごく苦手なのだけど…。

スポンサーサイト




自己紹介 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



1年の始まり

...2019/01/10 18:42...

昨年の今頃は、超憂鬱な気持ちで正月を迎え、超鬱々としながら出社したら、案の定、年始から大トラブルが発生して、明け方まで仕事した…という嫌なことを思い出した。今年はそこまででもないが、「ハッピー♪」という感じでもない。まだ色々なことの着地が見えてないせいもあるだろう。

今日は近況というよりも違う話を。。
出会い系サイトというものから完全に卒業して、かれこれ2年半経っているが、今更ながら…「出会い系サイト」というものがどういうものなのか?というのをやっと理解した気がする。まあ、一言でいうなら、私のような人間は「場違い」だと。(;´∀`)

基本的には「セフレと恋人の中間ぐらいで、家庭を壊さず、男女が軽く遊べる場所」じゃないかと。そして基本的には長く深い、人間関係を構築できる相手を探す場所ではない。ずっと感じていた「違和感」とか「つまらなさ」の正体がこれだなと。(「基本的には」と付けたのは、可能性はゼロではなく、まれにそういう人間に出会う人がいるため。)

私は何であれ、本当の人間関係を構築するためには、「本音で話せる」「深い話も軽い話も、真面目な話もふざけた話もできる」という関係でないといけないと思っているから。…で、本当の人間関係じゃないと面白くない。特に男女の仲は。

以前出会い系サイトHで会った男性(30代前半)が、私と会ったあと、しばらくして登録を抹消した(そしてこっそり復活していた)理由を、私がずっとわからずにいたのはそのせいかと。

その男性とは一度食事しただけ。初対面でいいなと思っても思わなくても、それ以上のことをするつもりはなく、私は食事後、用事を入れていた。そのことを彼はきっと「フラれた。」と思ったのだろう。(もっとストレートに言うと、「ホテル行き」を期待してたんじゃないかと。)だからリセットしたのだなと。

しかし「うまくいかなかったら転生(登録を抹消して、別人として再登録すること)」とか「同じフィールド内に元カノ(あるいは元カレ)がいる。」(この場合は同じサイトというよりも、自分のマイミクとかFACEBOOK友達という範囲)とか、当たり前に行われていることが私には馴染めない。何というか…「別れる」とか「付き合う」とか「愛」とかそういうものが私の感覚よりだいぶライトなのだろう。

もっとぶっちゃけていうと…
女性は本当に心から自分を愛してくれる男性を探している人が多いかもしれないが、男性はそうでない、セックスできればよいと思ってることも少なくない。(と思う。)しかし、本当の愛情や信頼関係をはぐくむためには、一定の時間が必要で、いいワインを熟成させるように時間がかかると思う。

「出会い系あるある」な話で
女性は本気だが、男性は「恋愛ごっこを楽しみたい」あるいは「セックス目的」。だけど、「言うはタダ」とばかりに、「愛してるよ」とか「好きだよ」を連発。意外とそれが楽しかったりするから、朝から晩まで50往復ぐらいラインしてることにも付き合う。

しかし(男性側が)その女性とのセックスに飽きて、(あるいは)女性の思い(あるいは依存の強さ)に付き合ってるのがしんどくなって、お付き合い終了というのが多いと思う。これがネット上で知り合ってから1~2か月程度。

冷静に考えたら…ネット上で「初めまして」と言ってから、1ヶ月やそこらで、たった1、2回会ったぐらいで、本気になれる人がいるだろうか?とは思わない人が多いらしい。でもそれでも、楽しかったらいいのだろう。まあそういう世界なんだなと知る。

しかし、そういう割には、(出会い系サイトHで知り合った)彼とはもう3年半も続いており、今までの誰よりもたくさんセックスに時間を費やしているのだけど。まあ、ここまで付き合い長いと、リアル人間関係とあんまり変わらなかったりする。












CALENDER
12 ⇔ 2019/01 ⇔ 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR