眠れぬ夜のひと時に送る戯言の数々。今宵はどこまで話そうか…?暇つぶしの読み物感覚でご覧あれ!
プロフィール

Ylang.Ylang

Author:Ylang.Ylang
Ylang.Ylang(イランイラン)です。
アラフィーな会社員です。一応、戸籍上の夫はおりますが子供はいません。ハンドルネームの由来は「イランイラン アロマ」で検索していただけると幸いです。(^^ゞ

このブログでは、主に恋愛(婚外恋愛)や夫婦関係の話、出会い系の話等々を取り扱っています。色んなご意見があるかと思いますが、嫌悪感をもよおす方や、モラル的に疑問を感じる方は、見なかったことにしていただけると、お互いに幸せかと存じます。(^_^;)

まあ、あまり真剣に受け取らず、「こんな考え・人もいるんだな。」とか、軽い読み物程度の暇潰しに読んで頂ければ幸いです。
よろしくよろしくです。

尚、メッセージは「こちら」からどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

その後…

...2018/02/25 22:54...

私は今の自分の状態(体調も心の状態もよくないこと)を上司に説明し、休職を申し出た。

結果としては……半分認められたというところだろうか?

上司からの提案は「業務はあまり責任の伴わないもの、出張は基本的に行かない。原則として定時で退社する。」と言うこと。それでしばらく様子を見て、新しく人が入ってきた時に、それでも難しいようなら休職…と、段階を踏んではどうだろうか?と。

きっとその理由は、「いきなり1人人員が減ると、仕事がたち行かなくなる」、私がいきなり休職(しかも理由がうつ)だと、「なぜそこまで気付かなかったのか?!」と、自分達(上司)が会社上層部から叱責を受けてしまうのかもしれない。

さらに、今の私の役職では責任が伴うため、「今とあまり給料が下がらずに済むなら、負担を減らす意味で、降格も人事に相談する」と言われた。(これも以前より私が申し出ていたこと。)

そして、普通の時間帯に帰宅するようになった。
そのころの私は気管支炎もまだ治ってなかったし、体も大打撃を受けていて、妙に外食が塩辛く感じていた。

ともあれ家に帰ったら、晩御飯を食べて、お風呂に入って、ぼーっとテレビを見ているだけだった。ただひたすら2時間も3時間も、過去のドラマの見逃し配信を見ていた。この時…人には睡眠・食事だけではなく、十分な休息も大事なのだろうと知った。

もし私が休職を申し出なかったら、その週の後半も、翌週の前半も出張だっただろう。しかも、それをこなしながら、他にも仕事があるなんて。。もう考えられない!もう二度とあんな働き方はできないと思った。

しかし……
それから1か月後の今…。元の生活に戻りつつある。
もう私の体はあの激務に耐えられないというのに!!
そして今、頻繁に蕁麻疹に悩まされるようになった。

スポンサーサイト




私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



結局……

...2018/02/04 22:18...

1月半ばごろだろうか…?
風邪で具合悪いの中、出張に出かけていた。いや、そもそもこの3か月体調がよかったことはほとんどなかったのだが、風邪をひいたことがさらに拍車をかけた。トイレで自分の顔を鏡で見たら…びっくりするぐらい顔色が悪く、暑いのか?寒いのかわからない状態。そして帰宅したのは夜23時前。

さらに出張から戻ってきた翌日。
以前、体調の悪さは治らず、絶対に定時に帰ろうと思ったのに、仕事を終えたのは何と22時過ぎ。
日中も、ランチしたらお腹壊すわ、じんましんは出るわ…で大変だったが、一晩中、咳が止まらなくなって、一睡もできなかった。

さすがにこの状態で会社に行くのは無理なので、午前中休んで病院に行ったのだが…
「(私は)一度、体調のバランスが崩れだすと、人より大きく崩れる傾向にありますから、職場にも言っておいた方がいいですよ。」と言われた。

さらに翌日…メンタルクリニックの外来にも行った。
「どうして、こんなに決断出来ないのか?自分でもわからない。」
「自分で自分のことが客観視出来ない。」と医師に言った。

ここ最近の体調の悪さもあるが、
何か結論を出そうとすると、頭の中に白いもやのようなものが広がって、何も考えられなくなってしまう。そして、下手したら1時間前に言われたことも忘れてしまう。今までだと絶対やらないような忘れ物も頻繁にしている。

私のあまりにも過酷な勤務状態を知る友人・知人は、皆退職を勧めるが、実は…決められない・どうしたらいいのかわからなかった。だから、プロである医師から客観的な意見を欲しかった。

(今の私の状態は)「(過剰な)ストレスにさらされ、脳の中のセロトニンの分泌が減り、判断力、集中力、記憶力が低下しているからです。」「だから今、退職と言うような大きな決断は、今の状態でしてはいけません。」と言われた。

簡単に言うと「病気(うつ症状の始まり)」なのだと。
ものすごく府に落ちた。
だって以前の私はここまで優柔不断ではないし、こんなに忘れっぽくもない。(人にもよると思うが)「(スキルの問題ではなく、)病気だからできないのだ。」と言われる方が私には気楽だった。

以前より「ブラック企業に勤めている人は、なぜ辞められないんだろう?嫌なら辞めたらいいのに。」と密かに思っていたが、今その気持ちがよくわかる。決められない、どうしていいか?わからなくなってしまってるのだと思う。その1番最悪な結果が「自殺」…と思う。

ちなみに、うつ病を治す方法は、セロトニンの分泌を正常化する薬を服用することと、あるいは休職することだそう。「どうしてもすぐ仕事を休めないなら…」と薬の服用を勧められたが、効くまでに2~4週間かかるのと、私の場合、精神的な問題だけじゃなく、体調もおかしい。

髪の毛はぼろぼろになり、じんましんで体中かきむしったり、胸元にもたくさん吹き出物ができて…そして、咳が止まらないというのは本当にしんどい。私の体質として、気管支炎になりやすいから、早く咳を抑えるように注意しているのに、こじらせてしまったのは激務のせいだろう。

「もうだめだ…!これ以上頑張れない」と思った。

体調の悪さは以前から自覚していたが、体調不良が第2段階(悪化)に移行したと自覚した。
医師には2か月前から「もうドクターストップです。」と休職を勧められていたが、私はここにきて、やっと休職しようと決意したのだった。(長くなったのでいったん終了します。)


私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |








CALENDER
01 ⇔ 2018/02 ⇔ 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR