眠れぬ夜のひと時に送る戯言の数々。今宵はどこまで話そうか…?暇つぶしの読み物感覚でご覧あれ!
プロフィール

Ylang.Ylang

Author:Ylang.Ylang
Ylang.Ylang(イランイラン)です。
アラフィーな会社員です。一応、戸籍上の夫はおりますが子供はいません。ハンドルネームの由来は「イランイラン アロマ」で検索していただけると幸いです。(^^ゞ

このブログでは、主に恋愛(婚外恋愛)や夫婦関係の話、出会い系の話等々を取り扱っています。色んなご意見があるかと思いますが、嫌悪感をもよおす方や、モラル的に疑問を感じる方は、見なかったことにしていただけると、お互いに幸せかと存じます。(^_^;)

まあ、あまり真剣に受け取らず、「こんな考え・人もいるんだな。」とか、軽い読み物程度の暇潰しに読んで頂ければ幸いです。
よろしくよろしくです。

尚、メッセージは「こちら」からどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

三連休にて

...2017/07/17 18:13...

三連休…とてもありがたい。

職場が変わると、出勤時間はもちろんのこと、勤務の管理や立て替え清算、コピーの取り方すら違う。ヘタしたら、トイレの場所すらわからない。(;´∀`)だから、仕事が思うように進まない。

まるで、水の中を歩いているような感じか?
そんなわけで、転職してからかなり疲労している。もっとも、何もわかんない初日より、日々マシにはなっていってるけど。

今回はそんな堅い話はさておき…
「セックスの相性が合わない」と言う悩みをよく聞く。
決して珍しい悩みではないけども「とても好きだし、一緒にいて楽しいけども、セックスの相性だけ最悪」と言うのは悲劇だ。それが、話し合って何とかなるレベルならいいけども、もう根本的に価値観が違う場合は、どうしようもない。

もっと困ったことに、「本当に合うか?合わないか?」は、やってみないとわからない、一度くらいではわからない、さらに言うと、自分の経験が浅いとわからない。

「育ててあげたら?」と言う意見もあるけども、自分が何かをしてあげても、相手が「同じようにすればいいんだな。」と言う発想には至らないこともある。ヘタしたら、軽蔑されたり、ドン引きされたりしてしまう。要は相手に「同じような素養」がないと、合わせるのは無理だろう。

ぶっちゃけ
「諦める(我慢する)」
「別れる」
「その部分だけ他の相手を探す」
と言う3択しかなくて、「別れる」と言う選択をしたくないから、多くの人が悩む。

私自身の嗜好がハッキリしているせいかもしれないが、「相性が最悪」と言うのは少なくないと思う。夫と私がそう(最悪)で、後から思えば「私の身体はずっと眠っていた。」に等しい。

もっと言うと、「私が理想とするセックスは夫にとってはドン引き」なのだろう。…と思う。
こういうのどーしようもない。(^_^;)

100歩譲って…
付き合い初めはそんなに気にならなくても、少しずつ、少しずつ違和感は広がって、何か事件が起きたときには、決裂の引き金になってしまう感じ?

本能的なものだから、どうしようもないなあと思う。でも、実は「本当に相性いい人」って言うのは、(あくまで統計で言うと)「30人にひとり」位らしい。

でも、もしも私が「禁断の扉」を開かず、夫との長年のセックスレスに悩みながら、今も過ごしていたならば…私の人生は色褪せたものになり、きっと死ぬときに後悔するだろうなと思う。これは間違いない。


「セックスの相性なんて気にしない。」なんていう人には、わからないのかもしれないけど。

久々にエロネタ書こうとしたら
何かあんまり面白味のない日記だ~!

スポンサーサイト







新たな生活が始まる

...2017/07/09 23:41...

瞬きをするほどの速さで有休消化の毎日が終わって、新しい生活がスタートした。
私は「経験者採用」だけども、それでも色んな事が以前の職場とは違うので、思うように仕事が進められない。…というか、まだまだわからないことだらけで、戦力にはなっていない。

誰に指摘されたわけでもないけど、自分の中でもどかしさとジレンマを感じる日々。
…といっても、まだ1週間も経ってないからしょうがないと言えばしょうがない。それに私は無意識に、人より高い目標や完成度を設定しているらしいから、余計にそう感じるのだろう。

そして、常にずっと姿勢を正して、正座しているような緊張感が抜けない。遅刻したらヤバいからと、目覚まし2つに、携帯のアラームもセットしているが、それでも時間より早く起きる。そして週末は、日曜日になって、やっと緊張感が抜ける。完全週休二日制の会社でよかった。。
早く、通常…当たり前と思える毎日に戻りたいなぁ。


ちょっと前…「今までの人生の中で、最大のピンチは3回ある。」と言ったら、「たった3回ですか。少ないですね。」といわれたことがある。それは誤解だと思う。なぜなら私の人生は、いつも波乱に満ちていて、本当に「ヤバい」と思う時しか「最大のピンチ」としか言わないからだ。

例えば…一つ目。
母が亡くなった時。亡くなったことがピンチなのではなくて、「どこにいくら借金をしたのかわからない。」という状態でなくなったこと。(詳細は割愛するが)相続放棄できない状態で、60過ぎのベテラン弁護士さんに「これはまれに見る難解な事件で、訴訟並みの大変さ。」といわれるほどだった。例えばその債務先には、ろくでもないサラ金とかもあったりして、ちょっと選択を間違えると、自己破産するしかないような借金がのしかかるところだった。とか。

今回の転職の件も、「やりたい仕事ができなくなったから。」というのもあるけども、「会社が倒産するかもしれない…という理由もある。前回も書いたが、40代50代の転職はいばらの道。望み通りに転職できる人なんて少なくて、年収が100万200万下がる人も珍しくない。

マンションのローンが払えなくなったり、その仕事もうまくいかなくて辞めてしまい、「アルバイトで食いつないでいる」なんて状況も普通にある。…というか、「会社が倒産して職がなかなか決まらない。どうやって生活していこうか?と悩む。」という現実も普通にある。


本当に一歩間違えたら、人生の奈落の底に落ちてしまう…という状況。
だから、それ以外のピンチなど、カウントしていてはきりがない。だって、波乱は向こうからやってくる。…ということで、本当にヤバい時しか言ってないわけだけど。。。

ああ、エロブログに戻るはずが、またまともな記事を書いてしまった!失礼!(^-^;




私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |








CALENDER
06 ⇔ 2017/07 ⇔ 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR