眠れぬ夜のひと時に送る戯言の数々。今宵はどこまで話そうか…?暇つぶしの読み物感覚でご覧あれ!
プロフィール

Ylang.Ylang

Author:Ylang.Ylang
Ylang.Ylang(イランイラン)です。
アラフィーな会社員です。一応、戸籍上の夫はおりますが子供はいません。ハンドルネームの由来は「イランイラン アロマ」で検索していただけると幸いです。(^^ゞ

このブログでは、主に恋愛(婚外恋愛)や夫婦関係の話、出会い系の話等々を取り扱っています。色んなご意見があるかと思いますが、嫌悪感をもよおす方や、モラル的に疑問を感じる方は、見なかったことにしていただけると、お互いに幸せかと存じます。(^_^;)

まあ、あまり真剣に受け取らず、「こんな考え・人もいるんだな。」とか、軽い読み物程度の暇潰しに読んで頂ければ幸いです。
よろしくよろしくです。

尚、メッセージは「こちら」からどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

転職して3か月…。

...2017/10/01 23:55...

先月は一回もブログアップできんかった!!(;´∀`)

実は仕事がめちゃくちゃ忙しい。
どれだけ忙しいか?というと、1週間(5日間)に2回は終電で帰っている。まともな時間に帰れるのは1日ぐらいで、あとの2日は21時とか22時とか。土日も仕事で出勤していたりすることもある。完全週休2日だから、平日に代休がもらえたりするけども、平日の代休で、仕事の連絡が来なかったことはほとんどない。さらに土日の休みの日も、仕事の電話やメールが来たりして、いつも仕事に追われ、心が休まることがない。

それでも、仕事は本来やらなくてはいけないことの6割ぐらいしかできていない。
もっとリアルに言うと、1か月に3日間ぐらい地方出張があって、パソコン持参で新幹線で移動中の時も、帰宅してからも仕事してたりするけども、やってもやっても終わらない。

いや、むしろ増えている気がする…。
私はいつでも電話に出られる訳でもなく、返信もすぐに出来るわけではなく、突然ながら不死身な訳でもない。やればやるほど仕事が増えて、「ああ…終わりが見えてきた。。」と思った頃にまたどさっと置かれる…みたいな。。みんなワタシをなんだと思ってるんだ?!

こんな状態で体調がいいわけはなく、「大丈夫?」と聞かれても、「大丈夫」とは言えない。
頻繁にめまいや頭痛、下痢が起きて、動悸がしたり、胸が締め付けられるような症状が起きることもある。そして、変な夢(仕事の夢とか)ばかり見るし、せっかく治ったはずの更年期症状(ほてり)まで復活してしまった。

メンタルクリニックの医師には「自律神経が乱れてますね。これは薬を飲んで治るというものではありません。」といわれた。簡単に言うと、働きすぎ。こんな生活を続けていたら、あと3~4年で寿命が尽きてしまいそうな気がする。36協定のラインが「ひと月45時間」というのがわかる気がした。


これでは到底やっていけないので(普段は役に立たない夫のせいにして)上司に訴えてみた。
「そんなに働いていたら体を壊すよ。まだ試用期間中だし、考え直した方がいいんじゃない?」と、今の会社で働くことについて、快く思っていないと。(最も…本気で心配しているのは彼の方で、夫はなんだかんだ言って高いびきで寝ている。呆)

すると上司は、意外なほどあっさり私の意見を受け入れた。
なぜなら、よくよく話を聞いてみると、上司自身も体調悪く、「倒れてしまった方が、どれほど楽かと思う。」なんていう。実は上司の働きぶりはさらに過酷で、過労死してもおかしくない。でも、そんな働き方はやっぱり間違っていると思う。

とにかく「働き方改革をする。」といわれた。それには上司だけではなく、私の意識も変えなくてはいけないけど。でも…、3ヶ月以内に働き方改革が出来なければ、退職しようと思う。
つまり、今年一杯。

こんな生活、せいぜいあと3ヶ月位にしておかないと、私自身も体を壊してしまいそうだ。。


それにしても…前職の最後はほとんど残業もなかったが、やりたい仕事は奪われ、飼い殺しにされ、心が病んでいった。今は仕事ぶりも認められ、高い評価をもらって、ものすごく必要とされているのだろうが、とにかく仕事量が多すぎて、常に疲弊している。

私の人生はなぜ、いつもいつも極端から極端に走るのだろうか…?
どうして「中間」がないのだろうか?
それは、「私の天分(波乱)」のせいだろうか…?とも思う。

スポンサーサイト




日常の出来事 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



あの頃に戻りたい…。

...2017/08/13 19:07...

私は決して過去を振り返らず、常に現在進行形で生きていると思う。
「昔はよかった。」とか、「古き良き時代」とか、そんなことを言うのは死ぬ間際で十分だ。昔のことばかり話してありがたがるほど、私は年老いていない。

でも今は…時々思う。
「あの頃に戻りたい。」と。

それはまだ前職がブラック化してなくて、辞めた同僚もまだ全員在職していた頃のよかった時代。転職したことを後悔してないけども、2年ぐらい前はそのぐらいいい会社だったから。そのころの写真はみんなとてもいい顔をして笑っている。

今はもうそんな面影など全くない。

転職先を「ブラックだ。」と言ってる同僚がいるが、末期的ブラック企業を見てきた私からすると、まだまだ病状は浅い。もちろん問題はたくさんあるが、これから立ち直れる可能性も十分に秘めている。だって、飛躍途中の上昇階段の踊り場にいて、混乱をきたしている状況だから。

もっとも私もブラック企業に対する耐性がついてしまったのかもしれないけど。苦笑

でも、上層部が会社存続のために、なりふり構わず、世間に露見すれば訴えられて、一発で終わるようなことをやっているようではもう会社として終わるしかない。

前職はそんな会社に成り下がってしまった。
それが現実。

そしてもう決して過去に戻ることはできない…
その現実はしっかり受け止めて、私は前に進んでいる…と思う。
だから、たまに懐かしんでも許されるだろうと。




日常の出来事 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



妹にカミングアウト

...2016/12/11 18:54...

12月に入って…普通に食事休憩が取れたり、帰宅できる日もあり、やっとちょっと余裕が出てきました…。ですが、何か今までの疲れがドッと出ているのか?休日は、何も予定がなければ、だらっと過ごしてしまいます。(^_^;)

この間、エステに行ったら「肝臓が疲れてますね。汗」と言われたし。


ところでちょっと前、妹に私の本当の実態を色々暴露してしまいました。(妹は遠くに住んでいるので、メールでのやりとりです。)

「仲がいい夫婦だと思ってるかもしれないけど、実はそうじゃなくて、離婚を考えている。」とか
「もう8年ぐらいはセックスレス」
「しかも、私が拒否された側で、とても傷つくようなことを夫に言われた。」
「世の中にはセックスしなくても全然OKという女性もいるけども、私はセックスがないとダメ。愛情が減るって本当だと思う。」
「実は数年前ぐらいから出会い系サイトに出入りしていた。」
「1年ちょっと前ぐらいから、付き合っている人がいる。W不倫だ。」
というような内容です。


すると、「何というか…錆びたくぎのように、刺さって抜けない言葉ってあるよね。」と。妹には最近まで付き合っていた彼がいたらしいです。その別れた理由というのが、妹は40代半ばで、バツなし独身だけど、「その歳まで1回も結婚したことないのはマトモじゃない。」と言われたり。恐らく元カレは妹に対して身内感覚となってしまい、ポロッと本音が出たのかもしれないけども、自分の彼女にいう言葉じゃないだろうと思います。

さらに妹が仕事で大失敗して、「仕事でこんなことがあって、めっちゃ落ち込んでる。」とメールしたら、「あらら。俺、これからたい焼き食べるんだけど。」と返信してきて、ものすごく気持ちが醒めたと。もともと1日中延々メールを送ってくるようなヤツで、それもしんどかったけど、そういうことがきっかけで、「もう一緒にいるのが嫌になって別れた。」とありました。


それで、「別にもう結婚したいと思わないけど、お互いを尊重し合えるパートナーが欲しい。そんな人に出会えたなら、不倫でも出会い系でもいいじゃん。」と。

「ただ、お姉ちゃんも知ってると思うけど、私は若いころ、不倫でえらい目に遭ってるし。ある日突然、会社に彼の妻が…なんてことにならないように、くれぐれも気をつけて。」とありました。(妹は昔、職場の先輩である既婚男性と付き合っていたことがあります。)

妹は私がこういうことを話しても、拒絶しないだろうとは思ってましたが。でも本当のことが話せて、ちょっと清々しいです。笑(妹に「仲のいい夫婦」と思われているのは、とてもしんどかったので。)


そして、「私もデートする相手が欲しい。」「これから先、もう一人ぐらい彼氏ができたらいいなぁ。」とありましたが、いやそれぐらいできるでしょう。「あと1年ちょっとで50歳」の私が付き合ってる人がいるわけだし。妹は独身で、私よりも若いし、そもそも「冷蔵庫の牛乳切らしても、男切らしたことない。」と30代のころは豪語していた「魔性の女」ですから。( ゚∀゚)アハハ八八(「隠れドS」という話もある。笑)




日常の出来事 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



多忙につき…

...2016/12/04 18:51...

先週はあまりにも忙しすぎて、このブログをチェックする余裕もありませんでした。(+_+)
「忙しい」
という字は「心を失う。」と書きますが、まさにその通りです。

(詳細は省きますが)あまりにも心が荒んできて、
「今日はもう気持ちがささくれ立ってダメだ。」
「まだ気持ちがささくれだったままだから…しばらく拗ねる。」
というような内容のメールを彼に送り、しばらくそのまんまにしていた時もあります。

「いてほしい時にいてくれない男とは別れてやる!!!」
という気持ちになってしまったからです。

今、激務の上に、職場環境がものすごく問題が多くて、いらだっているのもありますが(ブラッ〇企業化しているという話もある。汗)、彼が「年明け早々は会うのは難しい。子供が受験でどこ(帰省)にも行かないだろうから。」と書いてきたことも原因だったりします。

ハッキリ言うと、面白くないのです。

以前、(確か)1か月ぐらい会えなかったとき、「〇日は妻の誕生日だから無理だ。自宅でケーキを食べる程度だけど、子供たちが企画するし、形ばかりでもやらないと。」と言われたときも、もやもやしました。。

私にも「既婚者」で「自己都合」というものもあるはずなのに、まるで独身のような言いぐさで勝手です。「しょうがない。」と思っていてもどこか割り切れない。単身赴任ながらも子供がいる彼と、子供なし・共働きで、平日の夜もいつでも遅くて、土日も自由に外出している私では自由度も違うのは当然のことで。それでも、いつも妻子と暮らしている人よりはずっと自由で、「当分会えない。」とか言われているわけじゃないのに。

でも、心に余裕がなくなると、そういう風には考えられなくなる。
「超めんどくさい女」になってしまう。

勢いあまって、「もう別れる。」とも言いたくなる。(今、別れたらますます心の拠り所がなくなってしまうのに?)だから理性があるうちは、メールの返信をするのをやめて、籠ってしまうのですが…。

やっぱり仕事のストレスがひどすぎるのかなぁ。。
ひと月に50時間近く残業するような働き方はもうやめたいです。。( ;∀;)


日常の出来事 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



休日はコーヒーショップで。

...2016/11/12 18:13...

休日は、特に何も用事がなくても、昼過ぎに出かける。
行き先は大体、コーヒーショップにいることが多い。(そして、スーパーに買い物。)


理由はごくごくシンプルで「なるべく夫と一緒にいたくないから。」の一言につきる。(・∀・)


でも休日のゆるい外出は、ちゃんとメイクして、ヒール履いて、服もきちんと…というのがしんどいから、都会(繁華街)でもなく、かといって田舎でもない場所がよかったりする。メイクはするけど、ナチュラルに近く、服も電車に乗っても恥ずかしくないレベル。


…で、ノートパソコンを持ち込んで、主にこのブログの記事を書いてたりする。(夫が起きているときとか、いる時はおおっぴらに書けないから。)しかしながら…自分でいうのもなんだけど、振り返れば私のブログは「風俗ライター」みたいな内容ばかり。(^-^;


例えば……
つかの間の時間が流れ…私はこの男とキスをしていた。
たまに通る通行人からしたら、バカップルみたいなディープキス。

(私は既婚者だというのに)もし、知り合いが通ったらどうするのか?とか、全く考えなかった。いや、そもそも私は世間体などほとんど気にしていないが。

それでも自分でも、なぜこんなことをしてしまったのか?わからなかった。


なんていう文章を隣の人が見たら、一瞬ギョッとするだろうなと。笑(「ピュアとエロの狭間で…Another Story1」の一部分です。)上記の通り、私は世間体気にしませんので、どう思われもかまいませんが。(∩´∀`)∩


ちなみにブログ始めて、かれこれ2か月ちょっと経ちますが…出会い系サイトにいた時には書けなかった内容が多いです。


今のブログは単純に「私の書く文章が面白い(あるいは興味深い)。」と思って見てくださる方がほとんどだと思いますが、出会い系は日記も「自己PRの場」です。エロい記事ばかり書いていたら、「エロ目的」の男しか寄ってこない。もっというと、「自分の相手もしてくれ」的なつまらないメールを送ってくる男も少なくない。


そういうのがめんどくさいからです。(迷惑ともいう。)


「出会い系サイトH」の方で、「肉食系だけど、日記には絶対エロは書かない。」という女性会員の方がいましたが、それはある意味正しいです。ぶっちゃけ、出会い系で一番モテる女性は「ヤリマ●」だと思うけど、「ヤラせてくれるだろうか?」しか思われなかったら、ロクな男は寄ってこない。


そんなわけで、私も「初期~募集中の時」は「今(退会間近)とキャラが違ってるよ。」と言われるぐらい、内容に気を使ってました。本当のところは…「すごいエロな話をさらっと淡々と話してしまうキャラクター」なのですが。


【追記】
「コメント」はもちろんのこと、いつも「拍手」をくださっている皆様。
ありがとうございます。ブログを更新する励みになります。(^^)




日常の出来事 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2) |








CALENDER
12 ⇔ 2020/01 ⇔ 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR