眠れぬ夜のひと時に送る戯言の数々。今宵はどこまで話そうか…?暇つぶしの読み物感覚でご覧あれ!
プロフィール

Ylang.Ylang

Author:Ylang.Ylang
Ylang.Ylang(イランイラン)です。
アラフィーな会社員です。一応、戸籍上の夫はおりますが子供はいません。ハンドルネームの由来は「イランイラン アロマ」で検索していただけると幸いです。(^^ゞ

このブログでは、主に恋愛(婚外恋愛)や夫婦関係の話、出会い系の話等々を取り扱っています。色んなご意見があるかと思いますが、嫌悪感をもよおす方や、モラル的に疑問を感じる方は、見なかったことにしていただけると、お互いに幸せかと存じます。(^_^;)

まあ、あまり真剣に受け取らず、「こんな考え・人もいるんだな。」とか、軽い読み物程度の暇潰しに読んで頂ければ幸いです。
よろしくよろしくです。

尚、メッセージは「こちら」からどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

近況です。

...2019/12/23 18:47...

気が付くと…また前回の更新から2か月近くも開いてしまった。汗

会社員でなくなって、もう1年以上経つけども、何か何気に忙しい。
新しくやろうとしていることもあるけど、いきなり親戚がなくなって、子供がいないから、相続手続きを手伝ってあげたりとか、色々な大きな問題が起きて、気が付いたらいつも複数問題を抱えている。不思議とキャパがいっぱいになるぎりぎりぐらいで。

ここ最近で新たに起きた問題は、私の妹が近い将来手術をしなくてはいけないレベルの病気であることが発覚したこと。しかも検査をしても、病名が確定せず。2つの病気の可能性を言われていて、高い方だと非常にまれな病気。地元の病院では明らかに後遺症が残るので、手術ができない…と言われている。

真面目に「ドクターXが実在して、大門未知子が切ってくれればいいのに。」と思ったぐらいだ。
…という病気なのだと思った。

彼と付き合って、もう4年半にもなるが、いつも私が問題を抱えているところしか見ていない。
知人に、「今までの人生で、重大な出来事が3つあった。」というと、「たった3つですか?」と言われたことがある。しかしその3つとは、(私から見て)本当に大きな出来事だけで、小さな問題は全部省いているのだ。

例えば…「父が60歳で突然亡くなった。」とか、「東京に引っ越した」とか、「母がサラ金で借金していて、しかもパンク寸前だと知った。」というようなことはカウントされてないし。だから彼には「(あなたの人生は)波乱づくめと聞いていたけど、これほどとはね。苦笑」と言われたことがある。

彼との関係は…
そんなに書くこともないが(あんまり変わらないから)
海外の長期出張から帰ってきて2ヶ月半ぐらい経つけど、しょっちゅう体調を崩している気がする。温暖な場所に長くいたのと、帰国して緊張感が解けたのだろうか?

妹の件があるので、「あんまり続くようなら病院行った方がいいよ。」と言った。
(単にストレスからくる体調不良だと思っていたら、重篤な病気が見つかったため)

でも…いろんなことが解決の方向に向かい、来年はスッキリスタート出来るといいなと思う。



スポンサーサイト




私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



近況です。

...2019/10/23 18:29...

気が付けば…あっという間に2か月も放置していたブログ…。汗
あれから…彼が海外出張から帰国してきた。
一応言っておくと、別れずに今もちゃんと続いている。苦笑
ただ私は「定期的に会えること」が本当に重要で、遠距離恋愛になると、気持ちが一気に醒めて、本当にダメなんだなと思ったが。

面白いことに…
私の人生における悩み事やトラブルに遭遇した時…「こうじゃないかな?」「こうだと思うよ。」と、専門家的見地で解決できる知識をいつも彼はもっている。

さらに言うと、付き合い始めから今まで、私の公私はいつも「都合の悪いこと」や「トラブルだらけ」だが、いつもそれに根気よく付き合ってるのは彼だったりする。「波乱万丈とは聞いていたけど、これほどとはねぇ。」と。

しかし夫は…「そんな問題は大したことじゃない。」「世の中にはもっと大変なことがある。」とか、会社の経営状態がよくなくて、転職を考えていた時も、「結婚式に来ていくスーツ、どっちがいいと思う?話を聞いてあげたんだから聞いてよ。」と。私の転職問題は人生に関わる重大な出来事だと思うのに、たかだが「結婚式に来ていく服」と同じレベルなのか?!

それに、私がブラック企業で心身ともにボロボロになって病んでいったときも、「自分一人で抱え込まないで、誰かに相談しないとダメだよ。」しか言わないし、私が休職しても退職しても、ひいきのプロ野球団の試合の行く末の方が気になるらしい。(一応言っておくと、「妻一人ぐらい軽く養えるから、私が仕事してなくても問題ない。」ということなど絶対ない。私に収入がなければ家計が破綻するレベル。)

それと、彼の性的嗜好は「S傾向にある」と書いたが、「痛くない?」とか「寒くない?」とか気にしたり、「ちょっとこの体位は痛いから変えてほしい。」と言っても、嫌な顔しないのは、むしろ彼の方である。そして、「こういう風にしたら痛い。」とか「この方がいい。」とか、自分たちのセックスについて、ご飯食べながら平気で話すのも彼である。夫とはそんな話一切できなかったのに。

彼が帰国してすぐに会った後
「久し振りに会ったせいか、(ylang.ylangさんとのセックスのことを)思い出してしまい、ちょっと今困ってる。裸で抱き合っている時の心地よさも、情感っぷりの濃厚なキスも、見つめ合っている時のドキドキ感とかも最高で。上手いフェラとか、合体している時の締まりとか、何もかも。もうまた抱きたくなっている。」というメールが来たこともある。

まだ付き合い始めて間もないのではなく、かれこれ4年を過ぎていて、それでもセックスはまだ「全然飽きてない。」という。相性の問題も大きいが、「NGなこと」が同じだから、許容範囲が狭まらず、無意識に発展・変化させていってるからかもしれない。

しかし、こうなってくると、夫と彼、どちらが本当のパートナーかわからない。
そもそもの出会いは「出会い系サイト」だが、「出会い系サイトでも、そういうお付き合いがあるのね!」と驚かれたことがある。(やっぱり、出会い系での出会いは、もっとライトですぐ別れるイメージの方が強いから。)

前にも書いたことがあるが…
今はまだ生活基盤が落ち着いていないので無理だけど、いつか必ず決着をつけたいと思っている。




私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



近況です。

...2019/07/12 19:07...

あっという間に7月になり…
「何をしてたんかなぁ?」ということはないけども、時間の経つ速さには少々焦りを感じている。

ただまあ(詳細は省くが)
ずっと体調悪いとか、サボっていたか?というと、そうでもなく、馴れないことや初めてのことに奮闘して、時間がかかっている感じ。早くスタートさせたいのはやまやまだが、不安材料は少しでも減らしたい。「よし行ける」と思った時がスタート地点なのだろう。だから「見切り発車」だけは絶対に避けたいと思っている。まあ、それまでの算段(主に収入)も何とかなりそうな気がするし。

「もっとテキパキ早くできたんじゃないか?のんびりしすぎじゃないか?」と思わなくもないが、これが自分の能力においては適正なペースなのだろうなと思う。以前のようにブラック仕事になるのはおろかだと思うから。どうにも…曖昧な書き方しかできなくて、読んでる方はモヤっとしてしまうかもしれないけど。

ちなみに…もうすぐ彼とは4年の付き合いになる。
初めて行ったあのレストランからもう4年も経ってるなんて…なんだか不思議だ。それでも彼は「全然飽きてない。」というし、私はまだ「一生分のセックス」の半分もしてない気がする。

そして夫に対して…「どう離婚を切り出そうか?」がわからず、ずっと切り出せずにいたが、今の状況が落ち着いたら(ちゃんと社会復帰を果たして、1人で生活できるだけの収入を得られるようになったらという意味)、ちゃんと言えるような気がする。

「もうあなたとは一緒に暮らせない。これからの人生を共にすることはできないから離婚してほしい。」と。

変な言い方だが、実は夫よりも彼の方がずっと私にとって「役立つ人」だったりする。
このところ特に法律(民法)に関わるようなことがいっぱいあったのだが、夫は「そんなの〇〇に任せておけばいいよ。」とか「〇〇っていえばいいよ。」みたいなことしか言わない。

だが彼は、法律のアドバイスができる資格があったり、自分の職歴からの知識もあり、「それは民法ではこうなっているから、こうした方がいい。」とか「それは意味が違う。それでは理解できない。」とか、時に私の文章を全部添削して、シビアにはっきりモノを言う。

何気ない世間話もディープな話も、セックスのことも政治の話も、深くも浅くも付き合っていけるから4年も続くのだろうなと思う。



私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



恋する子宮

...2019/05/06 16:07...

彼が日本を離れて、しばらくの時間が経過した。
何というか…心にぽっかり穴が空いている気がする。
今までだって、そんなにしょっちゅう会っていたわけではないが、同じ日本国内と時差が大きく違う場所にいるのではやはり違うのだと思う。

そしてずっと生理が来ない。こんなに来ないのは初めてかもしれない。
…と書くと、普通は妊娠を疑うのかもしれないが、もう閉経してもおかしくない年齢にあるから、それはまずありえない。

しかも…数年前から感じているのが、私の子宮は私自身とは関係なく「意志」を持っている気がする。たぶん、私が「もっと女性としての自分を大切に生きよう。」と思った時からだ。

婦人科の手術をして、再び子宮が活動を始めた時、例えるならば泣きわめきながら怒り狂っていた。
(薬物投与によって)冬眠させられたと思ったら、再び目覚めてみたら、いきなり傷だらけになっていたからだろう。もっとも、それが必要なことだったということをしばらくして納得したのか?落ち着いていったが。

そして、彼と付き合いだして、セックスレスでなくなった時から、私の子宮は完全に目覚めたらしい。彼とはかれこれ3年以上になるが、生理と被ったのは2回ぐらいしかない。「デートの日まで来ないで。」と思ったら本当に来ないし、早く来たら前日までにぴったり終わらせる。この年ではたまに1か月ぐらい生理が飛ぶこともあるが、逆に予定より早く来たりすることもあって、「平均して1年12回」と思っているらしい。

セックスの最中、「もっともっと…」と言わんばかりに締め付けて、「俺のを咥えこんで離さない。」とも言われた。夫とのセックスでは、しょっちゅう抜けてしまったのに。しかも、満足するとぴったりと閉ざして何も受け付けなくなる。もっと言うと、「彼自身の形状」も記憶しているらしく、(例えばサックみたいなものでも)ちょっとの違和感も察知して「これは彼ではない。」と拒否する。

どうも私の子宮は妊娠したがっているらしい。
…と言っても、この年齢では絶対に無理だ。

何でそんな馬鹿なことを思ってるんだろうねと、ベッドの上で彼と笑っていたら、私の身体からぬるっと液体が出る感覚がした。「え?生理?!」と思ったら精液。妊娠しがってるのをバカにされたから、乙女心が傷ついて、怒ったのだろうと思った。

だから今、しばらく彼と会えなくて、セックスすることもない…と理解していて、ふてくされているのだろう。まるでワガママな女の子のようである。

でももっと早く…
もっと若いころに、「妊娠したがる子宮」があれば、私は子供を持つことができたのだろうか?
でも、数年前の手術で、子宮を温存出来て、「この身が灰になるまで、女性として生きていく。」「女性としての自分を大切にするのだ。」という願いは果たせているのだから、それでよしとしないといけないのかもしれない。




私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |



まるで崖を登っていくかの如く…

...2019/02/28 18:40...

近頃、私はどういう心境か?というと…
ちょっと足を踏み外せば、奈落の底まで落ちそうな、ろくに足場のない崖を、(ロッククライミングのように)険しい山の頂上目指して登っている感じだろうか…。


時に…吹雪が来て動けなかったり、たった1つの足場が見つからなくて、長いこと迷って停滞したり、危うく足元を踏み外して落ちそうになりながら…それでも道行きやっと1/3まで来たといったところか?


それでも我ながら、よくここまできたもんだと思う。先はまだまだ長く、仮に頂上までたどり着いても、その先にはまた更なる険しい山が待ってるかもしれないが…。


今は決して病んではいないが、時にひどく疲れたり、めげたりすることもある。

そしてどの道にも一長一短あるけど、どれかを選択しないと進めないから、「短」の部分は補って進んでいくしかない。(しかし、人には非常にわかりにくい例えかも?)


そして私の中で…
「夫とのこと」(離婚するか?否か?)
「彼とのこと」(この先どうするか?)
「仕事のこと」(まだ軌道にも載っていない、やっとサラリーマンから脱却してきたところ)
という3つがあるけども、関連性があるのは、「夫のこと」と「仕事のこと」だけかもしれない。「仕事のことが安定したら、今度こそ離婚に向けて進んでいく。」と。

「彼」のことは、自分は解放されたいから離婚を考えているけども、彼がどうするか?は彼自身が決めることだと思う。…と書くと、冷たい言い方に聞こえるかもしれないが、「意見は言うけど、決めるのは彼自身」と言ったところか?

ずっと前に、私は永遠の愛は信じておらず、
「点と点を結んでいけば」
「その時、その時を大切にしていけば」
振り返れば、そこに「永遠」が存在するかもしれない。
と書いたが、やっぱり今もそう思う。

ただし…今ではなく、2年前「長期(半年とか3か月)出張に行く。」と言われたら、(当時の私は心が病んでいたので)そんなに会えないのは耐えられないから、「別れたい。」と言い、彼も「しょうがないね。」とこの関係は消滅していたかもしれないとも思う。これが「タイミング」というものだろう。

なんか…今日のブログはオチがない。
眠気覚ましにコーヒーショップで書いているからかもしれない。




私自身のこと | TRACKBACK(-) | COMMENT(0) |








CALENDER
12 ⇔ 2020/01 ⇔ 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR